当社独自の技術力を生かしたサービス

「株式会社中野塗装」は、創業25年、年間約120棟の施工実績で培ったノウハウと技術力を生かし、千葉県八千代市・習志野市・千葉市・船橋市エリアで外壁塗装をご提供しています。多くのお客様にご満足いただいている理由には、一級建築塗装技能士の高い技術と当社独自の技術力を生かした様々なサービスが挙げられます。こちらでは、そんな当社の技術力についてお伝えします。

国内塗料メーカーと協業し独自ブランド塗料を開発

当社では、2013年に国内塗料メーカーと協業し自社ブランド塗料「光触媒遮熱コート」「遮熱防水コート」を 開発いたしました。
お客様のご要望や外壁の状態に応じて、実際の施工現場でも当社独自のブランド塗料を使用しています。
また、特殊塗料として「郵便ポスト落書き防止塗料」による≪郵便ポスト塗装(日本郵便様)≫や「蓄光発光 塗料」による夜間階段転落防止の為の≪階段ステップ蓄光発光塗装(東京ドーム様)≫等の施工をさせて頂い ております。

独自ブランド塗料
光触媒遮熱コート

光触媒遮熱コート

外壁表面に薄い水の膜を作り、汚れの付着を防ぐ機能や、汚れなどの物質を分解し雨水で洗い流す機能のことを「光触媒」と言い、長期的な防汚効果をもたらす外壁用塗料によく用いられています。

「光触媒遮熱コート」は、従来の光触媒塗料の弱点だった塗膜の硬さ、塗りにくさを解消した塗料であり、チタンアパタイトという新素材を配合。一般的な光触媒の塗料に配合されている酸化チタンに比べて、汚れや細菌、臭い物質の分解能力が2倍も高く、塗膜が分解されないといった特性を持ちます。これにより、防汚性とヒビ割れにくい耐久性に優れています。

遮熱防水コート

遮熱防水コート

伸縮性が高いという特性を持つ外壁用防水塗料です。従来の防水塗料に比べて塗膜の破損を防ぐ機能がはるか に高いことがわかっています。「遮熱防水コート」を用いることで、ひび割れを予防し、塗膜の破損による雨 水の浸入などを防ぐことができます。
地震国日本における、モルタル外壁のクラックひび割れへの対応や、過度に劣化したサイディングのシーリン グ箇所のひび割れに対して効果的であり、多くのお客様より高い評価を頂いております。

サーモカメラを使用した漏水調査

サーモカメラを使用した漏水調査

家屋の状況によっては雨漏りしているかどうかを目視で確認することができない場合があります。また、天井にシミがあるからと言って雨漏りが原因だとは限らず、雨漏りの診断が難しい場合があります。

当社ではどのような状況においても正確な雨漏り診断を行うために、サーモカメラを使用した漏水調査を実施しています。サーモカメラを使用することで雨漏りの有無や温度変化の状況など詳細な情報を得ることができ、より正確な雨漏り診断を実現できます。

高所カメラを使用した屋根診断

高所カメラを使用した屋根診断

屋根診断は通常屋根に登って行いますが、調査時に屋根素材を割ってしまう、転落の恐れがあるといったリスクがあり、お客様にご迷惑をおかけすることになりかねません。

当社では高所カメラを使用し、屋根の劣化状態を確認しています。高所カメラを使用することで安全に屋根診断を行うことができ、足場を組まないと見られない2階以上の外壁の状況も簡単に確認することができます。

ヒアリングシートでご要望を漏れなくお伺いします

ヒアリングシートでご要望を漏れなくお伺いします

当社では、ヒアリングシートを用いて、お客様のご要望を細かくお伺いしています。
このヒアリングシートは職人の長年の経験や実績をもとに開発した当社独自のシートであり、お客様の「何を したい」という表面上の希望だけでなく、「どうしたい」という根本的な目的を明らかにすることができ、本 当にお客様にご満足いただけるご提案を行うことにつながります。
お客様の生の声が、お客様のご満足につながることを知っている当社ならではのご提案です。